美味しいベトナム就職の淹れ方

-元 函館珈琲店 店主がベトナムよりお届けします-

coffee healty

屋台の食べ物は発がん性物質検査で陽性

ハノイの食品衛生および安全管理部門は最近の食べ物を提供する屋台、50件を検査し、テスト用に食品サンプルを採取したと、オンライン新聞 vietnamplus.vnが報じました。

その結果、サンプルの11.8%に発がん性物質が含まれていることがわかりました。

ガン(K)病院長のトゥアン博士によると、ガンの80%が喫煙、飲酒、食事などのような生活習慣外的要因によって引き起こされています。

不健康な食事と汚染された食品が癌の原因の35%だと博士は癌予防に関する最近の会議で述べました。

近年、ベトナム国民の食習慣、特に若者の食習慣が変化するにつれて、屋台やレストランの数は急速に増加しています。

屋台の多くは、首都の旧市街のゴックラム、ダイコーヴィエット、グエンタイホック、ハンボンなどの街にあり、夕方はいつも多くの人で混雑しています。

部門の副部長であるミントゥ氏によると、「屋台の飲食店では、食品が原材料や出どころが不明確で、加工技術や調理法も不明瞭であり、食器が十分に洗われておらず不衛生なため食中毒のリスクも高い」とのことです。

レストランでは、鶏の足、動物の腸、心臓、肝臓、胃、シーフードなど、さまざまな種類の料理が提供されています。

食品は不衛生な道端で処理されますが、食品の安全性と衛生について気にしない客ばかりなので問題にはなりません。

「動物の臓器は、病気、特にコレラ、肝炎、腸チフス、下痢などの危険な病気を引き起こす原因になる細菌や寄生虫を排除するために、適切な処理と調理が必要です」とミントゥ氏は話してくれました。

保健省の報告によると、今年8月以降42件の食中毒事件が発生しており、国内で9人が死亡し、1,300人以上が入院したとのことです。屋台の食べ物による食中毒のリスクを最小限に抑えるために、市当局は、屋台の出店エリアを再配置し、検査を強化する必要があると保健省は今後の対策について強化する見通しです。