美味しいベトナム就職の淹れ方

-元 函館珈琲店 店主がベトナムよりお届けします-

coffee market

タイプ、ステージ、エンドユーザーによるベトナムの食べ物、飲み物市場

「食品、飲料、栄養製品の開発者には、実用的で公平な技術統計が必要だ」と言われています。 食品や飲料を扱う専門家は、将来の開発のために商業的な観点を追求する必要があるのでしょうか。

食品および飲料事業は、将来的にさらなる可能性を秘めています。ただ、市場の拡大だけでなく、絶えず変化する消費者の要求に対応し、新しいパッケージを開発し、今後の消費者の傾向を読み、ニューエイジの開発戦略を用いていくことも、この競争の激しい世界の市場では不可欠です。

購入者の動向が食品および飲料業界の将来を左右するため、地元の食材やファーストフードに至るまで、オーガニック食品やクリーンラベルのものが増えています。

ベトナムの飲食料市場の規模は、人口の増加、可処分所得の増加、変化する傾向と製品のイノベーションのために、その予測期間中に強い成長率が予測されるが、それに対応できる態勢は十分に整っています。 一方で、政府の規制は厳しくなり、原材料価格も変動する可能性もあり、市場の成長にマイナスになることが考えられます。

増え続けるレストラン、ファーストフードチェーンまたGrabフードやキャビアなどのフードデリバリーアプリは、消費者への食に対する可用性を高め、その結果、食品および飲料産業はどんどん成長していきます。さらに、健康志向の高まりにより、消費者の間でオーガニック、自然食品、新鮮な食品の需要が増加していることが、食品および飲料市場の需要を高めると予想されています。

食品および飲料産業は、世界全体から見ても、経済の最も重要な要素の1つです。 2020年の世界の食品および飲料の市場規模は7兆ドルと推定されています。 消費者のライフスタイルと消費者の嗜好の変化、オーガニック食品の需要の増加、消費と販売パターンの進化が、グローバル市場において主な傾向になっているのです。

合理化された製造プロセスと強化されたコールドチェーン設備もまた、市場の成長を支えていて、そういった設備も食品および飲料産業の規模の拡大において重要な役割を果たしています。

消費者の絶えず変化するトレンドは、ベトナムの飲食関連の企業の戦略を決定する主要な要因になります。 消費者のライフスタイルの変化、加工済み食品や、すぐに食べられる食品の需要増加が、ベトナムの食品および飲料市場の成長を後押ししているのです。

また、その報告書では同国の食品および飲料市場の包括的な傾向も分かります。食品および飲料市場の成長の主要な要素、政府の規制、そして成長のチャンス、また食品および飲料市場に関する主要な傾向がレポートに示されています。

ベトナムの食品、ベトナムのパン、ベトナムのパスタ、ベトナムの焼き菓子、ベトナムの肉、ベトナムの鶏肉、ベトナムの魚、ベトナムの乳製品、ベトナムの油や油脂、ベトナムの果物と野菜、ベトナムの砂糖市場、それぞれの動向が分析され、2026年まで予測されています。

食品および飲料市場は、地域における5つの競争市場と比較され、地域の前線であるベトナムの役割を分析し、その事業をベンチマークしています。

グローバルな食品および飲料、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東アフリカ、北米、およびラテンアメリカの食品および飲料市場の見通しに関しても言及されており、業界のグローバルな視点が分かります。

ベトナムの人口と経済見通しも報告書に掲載されており、食品および飲料市場の将来を左右するマクロ経済な要素が予測されており、さらに、最近の動向と全体的な市場成長への影響や、ベトナムの大手食品飲料会社3社のビジネスおよびSWOTの分析結果もレポートに紹介していきます。